高樹齢【ガジュマル】実に14年ぶりの鉢から抜けない植え替え

皆さんは何かペット飼ってらっしゃいます?アタクシは自分のお世話で精一杯なもので飼ってないんですのよ、そのまんま美川(@sonomanma.mikawa)です。

そうね、8年に1回くらいのペースで無性に「飼育したい欲」みたいなのが芽生えて、アクア系…つまり水槽で生き物を飼うことに挑戦した経験はあるの。ちょっと「レッドビーシュリンプ」というジャパンカラーな3センチ程の淡水エビを飼育させると上手だったりしますのよ。

昔は「レッドビーシュリンプ」の飼育にハマっていた
かつて飼育していた「レッドビーシュリンプ」というエビ

さて、同じ生き物でもボタニカル系な「植物」もペットといえばペットと言えるかもしれませんね。ベランダ専門ボタニカル男子なアタクシが育てている植物の中から、今回は「ガジュマル」さんについての話題。

スポンサーリンク

気根が絡まる幹がかっこいい!成長の早いガジュマル

とりわけ観葉植物に興味がなくても「ガジュマル」という名称は耳にしたことがあるかしら?

気根きこんといって、枝の途中から空気中の水分さえ吸い取ろうとして生えてくるヒゲみたいなもの。それが地面に到達すると土の養分を吸収して、気根が幹みたいに太くなっていくのがガジュマルを育てる醍醐味のひとつじゃないかと思うの。

ガジュマルを育てる醍醐味は「気根」
複雑に絡み合う「気根」

我が家のガジュマルもなかなか風格のある気根を伸ばして生長を続けております。

そんなガジュマル、初心者にも育てやすい適度な乾燥や耐陰性も兼ね備えた観葉植物として人気ですよね。何年育ててもその生命力の強さには驚かされます。

美川憲一そっくりさん:そのまんま美川
まんま
生命力が強く、よく育つもので鉢を大きくすれば大きくしただけ育ってしまう…ある意味悩みでもあるのね

お世話しないわけではないんだけど、大きくなりすぎることを意図的に避けるために12号鉢(直径36センチくらい)に植えて実に14年の月日が流れたガジュマルさんを植え替えました。

根詰まりで鉢から抜けないものは抜けない!プラ鉢を破壊して抜く方法と手順

想像はしておったのですがね、植え替え方法についてネット上のあらゆる情報を駆使しても、やはり「鉢から抜けないものは抜けない!」のです。

童話の「大きなかぶ」みたいに鉢を固定しておいて、何人もの人で引っこ抜こうとすれば実現できたかは…わからないところですが。

根詰まりしすぎ!高樹齢【ガジュマル】実に14年ぶりの鉢から抜けない植え替え
これ以上騒がしいのも近所迷惑になるので…

オフィスのワンルームなバルコニーという狭い空間で格闘するにはスペース的にも(ご近所さん的にも)限界があるので、ここは仕方なく「鉢を破壊する」という手段に出ます。

プラ鉢の破壊に必要なアイテムは100円ショップで揃う

100円ショップで手に入る「のこぎり」「園芸用手袋」
「のこぎり」と「園芸用手袋」

観葉植物を鉢から引っこ抜くのに、そう予算はかけられない…わかります。

お近くの100円ショップで「スベリ止め付きの手袋(軍手・ガーデニング手袋)」と「のこぎり」を手配しましょう。

美川憲一そっくりさん:そのまんま美川
まんま
今回はやむを得ず、プラ鉢は破壊するわね…14年も頑張ってくれたし
枝の剪定にも使える「のこぎり」を選ぶと良い
枝の剪定にも使えるモノを選ぶと良い
枝の剪定にも使える「のこぎり」を選ぶと良い
こちらはカッターナイフにもなるタイプ

切れ込みを入れるのは2箇所

植木鉢のフチに2箇所切れ込みをいれる
植木鉢のフチに2箇所切れ込み

時計の文字盤で言うなら「12時と6時」の位置に、植木鉢のフチから下に向かってのこぎりで切れ込みをいれていきます。

少しずつ焦らずに。5cmくらい切れ込みが入ったら、植木鉢を捲るようにひねって根と鉢の間に隙間を作って、切り進めるとうまく作業できますよ。

根と鉢の間の空間にうまく「のこぎり」を入れていきます
根と鉢の間の隙間に「刃」を入れる
美川憲一そっくりさん:そのまんま美川
まんま
慌てずにゆっくり作業を進めましょうね

プラ鉢をめくりながら隙間に切れ込みを入れる

作業を進めていくと少しずつ根とプラ鉢との間の隙間が大きくなるので、縦にも切れ込みを入れてみましょう。

少しずつプラ鉢を割いていく
プラ鉢を割いていく

プラ鉢をグッとめくるようにひねると、パキパキ割れるので無理せず鉢が自然に割れる方向に任せるように割って行きましょう。

鉢の40%くらいを割ることができれば、植物を無事に鉢から取り出してあげることができます。

割っても取り出せない場合は、鉢底をチェック

ガジュマルのように根張りが強い植物や、何年も植え替えをしていない鉢の場合、横から鉢を割っただけでは鉢から取り出せない場合があります。

そのような場合は、鉢底をチェックしてみてくださいね。

14年ぶりのガジュマル植え替え|鉢底からも伸びた根っこ
鉢底からも伸びた根っこ

実際に我が家のガジュマルさんも鉢底穴からもこんなにたくさんの根っこを伸ばしていました。

鉢底から伸びた根
植え替えではできるだけ根を傷つけずに取り出したいですが、鉢底から伸びた根はカットしてしまいましょう。

まとめ|植え付けのために根っこをほぐす

実に14年ぶりに日の目を見ることになった我が家のガジュマルさんの根っこ。

14年ぶりに日の目を見たガジュマルの根っこ
14年ぶりに日の目を見たガジュマルの根っこ

どうにかこうにか、40分くらいかけてキレイにスッポリと鉢から取り出せました。見事に植木鉢の形にカチカチですわね。

美川憲一そっくりさん:そのまんま美川
まんま
動画撮ってみましたよ〜

芸人さんのネタでありましたね…「カッチカチやぞ」でしたっけ?

すっかり根詰まりで固まった部分を叩くと「コンコン♪」とまるで陶器鉢のような音色ですね。

植え付けのために根っこをほぐす
植え付けのために根っこをほぐす

最後に、新しい鉢に植え付けるためにカッチカチな根っこを割り箸などで少しずつ突っついて丁寧にほぐしてあげましょう。

美川憲一そっくりさん:そのまんま美川
まんま
そう、突っつくわよ…

懐かしい「カーコンビニ倶楽部」のテレビCMがYouTubeにありました。

手間のかかる植え替え作業ですが、ひとまずどうにかこうにか鉢から取り出せたのでひと安心。この後は新しい鉢へと植え込みです。今日の作業はこのくらいに…ほなまたね。

根詰まりしすぎ!高樹齢【ガジュマル】実に14年ぶりの鉢から抜けない植え替え
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク
>爆笑ステージをお約束

爆笑ステージをお約束

全国各地へホワイト営業。企業イベントから敬老会、地域のお祭りやホテルディナーショーまで、20年以上の実績で爆笑ステージをお約束!

絢爛豪華な衣裳の数々と懐かしの昭和歌謡を辛口トークのスパイスと共に綴る、そのまんま美川のステージ。お気軽にご依頼いただけます。まずはお問い合わせください。

CTR IMG